金星。と女性性。と火星。と男性性。陰陽五行。と。陰陽と。

さて。

今日もいきなり漢方・中医学=東洋医学です。

      

漢方・中医学=東洋医学では

五行の相生関係(そうせいかんけい)

というものがあり。

      

五元素である

木・火・土・金・水

(もっかどごんすい)

の流れが右回りで表現されています。

                  ↓

おのころ心平 - ココロとカラダの交差点


 



相生(そうせい)関係とは、

木が燃えて火を生み。

火が燃え尽きて土を生み。

土が金(良質なミネラル)を生み出し。

良質なミネラルが良質な水を生み。

またその水が木を育てるという。

お互いを生み出し。育む方向を示してますが、

これが、右回り。

金星(女性性)の右回り自転と同じ方向なのは

興味深くないですか?

      

女性性の右回り方向は。

「生み・育むという方向性」と言えそうです。

     

でね。この

木火土金水(もっかどごんすい)を

逆の順番にして、たどってみると…

      

水・金・土・火・木。

土を、大地=地球とすると。


水・金・地・火・木

(すいきんちかもく)。

     

あら。

太陽系惑星が表れてきます。

太陽から外宇宙に向かっての方向性。

宇宙の探検に出かけるこの方向性は。

男性性を表しているのかもしれません。

     

太陽に向かって、中心に働く女性性と、

太陽から離れて、外側に働く男性性と。

     

男性は、地球より外側にある火星から。

女性は、地球より太陽側にある金星から。

それぞれやってきた、と。

      

なるほど。男女の方向性は。

太陽系の陰陽バランスを示しているのか。

なるほど。なるほど。

で。これ。

陰陽が基本の東洋医学。

陰=女性

陽=男性

      

ああ!!!

考え。納得した川久保でした。

    

屁理屈・理屈の秋。

理論の秋。

哲学の秋。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中